HOME > 院長コラム

院長コラム

片頭痛持ちの方に対する低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)の処方

月経困難症の治療薬として、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)は非常に有用ですが、血栓症などの副作用に注意する必要があります。また、片頭痛は、それ自...

細粒剤の漢方薬が苦手な方へ ~錠剤のある漢方薬~

産婦人科領域では漢方薬を用いることが多いのですが、細粒剤タイプが苦手な方は少なくありません。実は「クラシエ薬品株式会社」の製品には、細粒剤だけでなく錠剤の漢方薬...

当院における新型コロナ感染“第6波”対策

都内の新規感染者が2万人を越え、医療提供体制が逼迫した状態が続いています。今回は、当院における新型コロナ感染第6波の対策についてお伝えします。 全スタ...

当院の手術に用いる麻酔法について

一時、供給がストップしていました全身麻酔薬「プロポフォール」ですが、この度入荷できるようになりました。今回は、主に、妊娠12週未満の流産手術・人工妊娠中絶手術な...

偽閉経療法薬の「レルミナ錠」が子宮内膜症の適応に

これまで、子宮筋腫の治療薬として広く用いられていました「レルミナ錠」の効能・効果に、2021年12月24日、「子宮内膜症に基づく疼痛の改善」が追加されました。今...

ページトップへ