HOME > 院長コラム

院長コラム

喘息と経口避妊薬(OC)・低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)

医学情報誌「メディカルトリビューン2020年12月」に「経口避妊薬で喘息の重症化リスクが低減した」との記事が掲載されていました。今回はこの記事を参考に、喘息と経...

月経トラブル+皮膚トラブルの方には「桂枝茯苓丸加ヨク苡仁」を検討

桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)は、桂枝茯苓丸にヨクイニン(ハトムギの種皮を除いた種子)を加えた漢方薬です。ヨクイニンには、にきび、しみ...

できれば17歳までにHPVワクチン接種を

一時期HPVワクチン接種の「積極的勧奨」を控えていた厚生労働省や各自治体ですが、2020年の今年、定期接種の対象者である小学6年生相当から高校1年生相当の女子に...

閉経前後の腟・外陰部不快症状に対するレーザー治療(モナリザタッチ)

閉経前後に女性ホルモンであるエストロゲンが低下すると、更年期症状など様々な症状が現れます。腟や外陰部の乾燥、かゆみ、灼熱感、性交痛といった不快症状もその一つです...

当院で甲状線機能亢進症(バセドウ病)の有無を調べる場面

甲状腺とは喉仏の下あたりにある臓器で、甲状腺ホルモンを分泌しています。甲状腺ホルモンは体の新陳代謝を活発にする作用があり、脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモ...

ページトップへ