HOME > 院長コラム

院長コラム

熱中症・夏バテに有効な漢方薬3剤

梅雨が明けて、連日の暑さに熱中症になりかけている方もいらっしゃるかもしれません。炎天下の外出を控え、こまめな水分や塩分(ナトリウム)の摂取、十分な睡眠と休息が、...

器質性疾患のない過多月経の薬物療法

子宮筋腫(特に粘膜下筋腫)や子宮腺筋症など器質性疾患がない場合でも、過多月経をきたすことがあります。今回は、「産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2020」を...

妊娠希望者の貧血管理

女性は月経により周期的に出血しており、その度に鉄を喪失しています。しかし、日頃から鉄分を多く含む食事を摂取していないと、貧血や鉄欠乏症になってしまいがちです。特...

更年期障害に対する“4番目”の薬物治療「プラセンタ注射剤」を中心に

閉経前後の更年期女性は、エストロゲン(女性ホルモン)の低下、加齢、ストレスなどにより、様々な精神症状、身体症状をきたすことが知られています。これらを更年期症状と...

低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬を用いた月経周期変更の方法

低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(OC・LEP)は避妊(自費)、月経困難症(保険)で用いられるホルモン剤ですが、月経周期変更にも利用する...

ページトップへ