HOME > 院長コラム

院長コラム

分娩誘発における子宮頚管熟化の評価と対応

陣痛促進剤を用いて分娩誘発を行う際、子宮頚管熟化の評価は非常に重要です。頚管が熟化しているほど分娩誘発の成功率が高くなるため、陣痛促進剤を使用する前に、いかに頸...

妊産婦さん、婦人科疾患治療中の方の新型コロナワクチン接種について

新型コロナウイルス感染拡大が止まらず、第5波に突入している中、ペースはゆっくりではありますが、全国的に新型コロナワクチン接種が進んでいます。ただし、ワクチン接種...

外陰部のかゆみへの対応

夏になると汗で外陰部がかゆくなる方も多いと思います。市販薬を使用するものの、あまり効果がみられない方や、すぐに再発する方も少なくありません。今回は、「婦人科診療...

将来妊娠を希望される方の子宮筋腫の対応

近年の晩婚化・晩産化に伴い、妊娠をご希望される方のご年齢が、子宮筋腫好発年齢に近くなってきております。そのため、妊娠する前に子宮筋腫が認められることも少なくあり...

将来妊娠を希望しない方の子宮筋腫の治療法

子宮筋腫とは子宮に発生する良性の腫瘍で、30歳以上の女性の20~30%にみられるといわれています。子宮筋腫の多くは無症状ですが、子宮内膜を圧迫するような粘膜下筋...

ページトップへ