院長コラム|世田谷区の産科・婦人科

面会はこちらから

HOME > 院長コラム

院長コラム

当院における子宮内膜症の診断の流れ

子宮内膜症は子宮内膜(あるいは類似組織)が子宮の内腔以外の場所で発育・増殖する病気で、卵胞ホルモン(エストロゲン)が関与しています。生殖年齢女性の約10%に子宮...

当院での分娩が可能な妊婦さん

当院は産婦人科医1人、ベッド数が8床の小規模施設です。そのため、リスクの少ない方を対象に分娩を取り扱っています。今回は、2019年の時点で、当院での分娩が可能な...

分娩施設決定の参考に~妊娠リスクスコア~

安全と思われていた妊娠・出産でも、予想できないような緊急事態になることがあります。残念ながら、100%安全な妊娠・分娩はありません。そのため、「母児の安全を考え...

女性のストレスによる症状と漢方療法

様々なストレスは心身に大きな影響を及ぼします。特に女性の場合は、ストレスにより女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるため、男性よりも症状が出やすいかもしれません...

経口避妊薬や低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬は何歳から何歳まで服用できるのか?

数ある避妊法の中でも、わが国で最も避妊効果が高いのは経口避妊薬(OC)です。また、月経困難症の治療薬として非常に有効である低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬...

ページトップへ