院長コラム

  • 当院で漢方薬を処方されている方へ

    ご承知の方も多いとは存じますが、令和6年4月4日時点、諸般の事情によりいくつかの漢方薬の供給が困難な状況になっております。これまで当院では、積極的に漢方療法を行っていましたが、ほとんどが院外処方であり、適切な漢方を十分に処方できていない状態...

  • 破綻出血する主なパターン

    「破綻(はたん)出血」と聞くと、とても恐ろしい病気を想像するかもしれませんが、必ずしも大出血を起こすとは限りません。増殖した子宮内膜が血行不良を起こして、破綻し流出する現象を破綻出血といいます。月経以外の不正出血の原因として、「エストロゲン...

  • “消退出血”する主なパターン

    女性ホルモンの影響によってみられる子宮出血は、大きくj「消退出血」と「破綻出血」とに分類されます。卵胞から分泌されるエストロゲンには、子宮内膜を厚くさせる作用があり、排卵後の黄体から分泌されるプロゲステロンには、子宮内膜の増殖を抑えて妊娠に...

  • 子宮内膜症に対する薬物療法は長期戦

    子宮内膜症は、性成熟期女性の約10%がかかる疾患であり、月経困難症や不妊症の原因となります。10代後半から発生することがあり、思春期で月経痛が強い方は、将来子宮内膜症になりやすいことが知られています。そのため、子宮内膜症と診断されていない月...

  • 妊娠に向けて心掛けて頂きたい生活習慣

    結婚年齢の高齢化に伴い、不妊症に悩むカップルが増加しています。不妊症には様々な要因がありますが、日常生活の中に、不妊のリスクを高めている習慣が潜んでいる場合があります。今回は、「研修ノート No.112」(日本産婦人科医会)を参考に、妊娠を...