HOME > 院長コラム

院長コラム

HPV感染と子宮頚がんとの関係

ヒトパピローマウイルス(HPV)は子宮頚がんの原因となることが知られており、HPVワクチンが子宮頚がんの予防になることは、世界的に認められています。2022年の...

令和4年の年頭にあたり

明けましておめでとうございます。皆様、どのように新年をお過ごしでしょうか。私たちは「今年一年、新型コロナウイルス感染対策をしっかり行いつつ、いかに充実した産婦人...

令和3年を振り返って

新型コロナウイルス感染の拡大2年目の今年、ワクチン接種などの効果により、秋以降は新規感染者が減少しておりました。しかし、年末に入り、オミクロン株の市中感染など、...

当院における妊娠糖尿病の妊婦さんへの対応

妊娠糖尿病(GDM)は母親、胎児双方に対し、非常に危険な状況を招く可能性があります。そのため、全妊婦さんに対して糖代謝異常スクリーニング検査を行い、スクリーニン...

低用量エストロゲン・プロゲスチン製剤「ジェミーナ配合錠」の二つの服用方法

低用量エストロゲン・プロゲスチン製剤(LEP)は、子宮内膜組織の増殖を抑え、内膜で合成される“痛み物質”の産生を減らす作用があるため、月経困難症の治療に用いられ...

ページトップへ