HOME > 院長コラム

院長コラム

黄体ホルモン製剤「ジエノゲスト錠」による不正出血の対策

月経困難症に対して「ジエノゲスト錠0.5㎎」、子宮内膜症に対して「ジエノゲスト錠1.0㎎」を使用することは多いのですが、副作用として不正出血をきたすことが少なく...

思春期女性に対する婦人科診察の流れ

思春期女性の場合、体調不良がみられた際は小児科を受診されることが多いと思います。ただし、月経痛や月経前症候群などの月経トラブルや、帯下の増量や外陰部のかゆみとい...

OC・LEP(いわゆる低用量ピル)服用中の血栓予防について

避妊の目的で低用量経口避妊薬(OC)、あるいは月経困難症治療の目的で低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)を服用されている女性は、最近増えてきました。...

子宮筋腫や子宮腺筋症と診断された方は貧血の検査を

子宮筋腫や子宮腺筋症などにより過多月経、過長月経をきたしている方は少なくありません。ただし、疲労感やめまい、動悸、息切れなどの自覚症状を認めないため、貧血の検査...

母校である都立青山高等学校の学校医(産婦人科)に就任致しました

この度、ご縁があって都立青山高等学校の学校医をさせて頂く事となりました。実は私、約40年前の昭和58年に“青高”を卒業しました。学校医として母校に恩返しができる...

ページトップへ