HOME > 院長コラム

院長コラム

妊娠中にHTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)スクリーニング検査で陽性となったら

妊娠中、様々な血液検査を行いますが、HTLV-1スクリーニング検査もその一つで、当院では妊娠24週頃に行います。今回はこの検査の意義と陽性になった時の対応につい...

「エクオール」は更年期医療の新たな柱

大豆の中に含まれているイソフラボンという成分は、腸内細菌の働きによって「エクオール」に変化し、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きで女性のからだを守ることが...

麻疹(はしか)の抗体を持たない妊婦さんは気を付けて。

東南アジア渡航歴のある男性が麻疹に感染していた、と世田谷区保健所から連絡がありました。麻疹の抗体を持っている妊婦さんは心配ありませんが、抗体を持っていない妊婦さ...

子宮頚管部ポリープは原則として切除し、組織学的に検査します

不正出血や性交時出血で受診される方の中には、子宮頚管部ポリープが認められることがあります。また、自覚症状がない方でも、子宮がん検査で見つかることも少なくありませ...

過多月経・月経困難症に対するIUS(ミレーナ)の効果

過多月経や月経困難症の治療薬として、現在LEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤)が主流ですが、40歳以上の方、肥満の方や喫煙者など、血栓症という副作用を...

ページトップへ