HOME > 院長コラム

院長コラム

「子宮内膜症」の治療方針

当院の診察で子宮内膜症が疑われた場合、以下のような治療方針で対応しております。 高次施設への紹介各種検査で卵巣チョコレートのう胞がかなり大きい方や悪性...

「子宮内膜症」の検査の流れ

月経痛や排便痛・性交痛などを主訴にご来院された方、あるいは健診などで子宮内膜症や卵巣チョコレートのう胞を指摘された方に対して、当院ではどのように診察を進めている...

その月経痛の原因は「子宮内膜症」かも知れません

月経痛の原因には、明らかな病気がない「機能性」のものと、子宮や卵巣関連の病気が原因となっている「器質性」のものとがあり、子宮内膜症は器質性に分類されます。子宮内...

日本赤十字社医療センターとの連携について

当院は地域の医療施設との連携に、積極的に取り組んでいます。今回は、日本赤十字社医療センター(以下日赤医療センター)との病診連携について説明します。 連...

低用量ピル服用の注意点

以前、低用量ピル(OC)の必要性と有用性についてお話しましたが、本日はOCの服用の注意点について説明します。 OCの重大な副作用は「血栓症」血管の中に...

ページトップへ