無痛分娩をご希望の方は他施設を紹介しております|世田谷区の産科・婦人科「冬城産婦人科医院」

面会はこちらから

HOME > 院長コラム > 無痛分娩をご希望の方は他施設を紹介しております

院長コラム

無痛分娩をご希望の方は他施設を紹介しております

最近、無痛分娩をご希望される妊婦さんが増えています。ただし、当院では無痛分娩は扱っていないため、他施設へ紹介させて頂いております。
今回は、当院が無痛分娩目的で紹介させて頂いております施設をご案内致します。

 

 

東京マザーズクリニック

院長先生は以前、国立成育医療研究センター胎児診療科でご勤務されており、周産期医療のスペシャリストです。クリニックの規模ではありますが、複数の常勤・非常勤の産婦人科の先生方や麻酔科の先生もいらっしゃる、無痛分娩に特化した施設です。
当院近隣の方は、妊娠32週頃までの妊婦健診は当院で、妊娠34週以降の妊娠・分娩・産褥管理を東京マザーズクリニックさんで行なうことも可能です。

 

等々力産婦人科

近隣で最も新しい分娩施設です。こちらの院長先生は、以前国立成育医療研究センター、慈恵医大付属第三病院でご勤務の経験があり、やはり周産期医療の専門医です。こちらは無痛分娩に力を入れながらも、無痛以外のお産も扱っていらっしゃいます。無痛分娩にするかどうか決めかねていらっしゃる妊婦さんでもご紹介が可能です。

 

杉山産婦人科

当院からは少し離れていますが、杉山産婦人科医院さんをご希望される方も少なくありません。病床数からは医院のカテゴリーですが、医師をはじめ医療スタッフも多く、産科病院のような規模の施設であり、女性の産科の先生もいらっしゃいます。
尚、杉山産婦人科さんで分娩をご希望される方も、妊娠32週頃まで当院で妊婦健診を受けて頂くことは可能です。

 

国立成育医療研究センター

世田谷区エリアの中核病院ですが、ハイリスク妊娠だけでなく、無痛分娩希望の妊婦さんも受け入れて頂いています。ただし、妊娠初期からから国立成育医療研究センターへ転院して頂く必要があります。
何らかの産科的リスクをお持ちの妊婦さんで、国立成育医療研究センターでの無痛分娩をご希望の方は、妊娠5~7週頃いらして頂きましたら、紹介状をお渡しします。

 

その他の施設

成城エリアにあります成城木下病院さん、成城マタニティクリニックさんも無痛分娩を扱っています。
現在、経産婦さんに対して無痛分娩を行なっております東京医療センターですが、都合により2020年4月以降の分娩からは無痛分娩を一旦休止されるとの事です。
また、自衛隊中央病院では医学的な適応がある方のみ無痛分娩を行なっており、単なるご希望の方には行なっていないとの事です。

 

 

近隣には無痛分娩を扱っている施設が多いため、是非ホームページなどでご自身に合いそうな施設をお選び下さい。
そして、その施設の先生から無痛分娩の利点とリスクなどについて伺い、しっかり理解した上で無痛分娩にされるかどうか選択して下さい。
ただし、どの施設も無痛分娩費が別途かかります。安全な無痛分娩を行なうためには必要な費用である旨、ご了解下さい。

ページトップへ