HOME > 院長コラム > 当院の分娩立ち合い・入院中の面会時間に関して一部制限解除(令和4年9月18日時点)

院長コラム

当院の分娩立ち合い・入院中の面会時間に関して一部制限解除(令和4年9月18日時点)

9月に入り、都内の新型コロナ新規感染者数が減少しつつあります。今後、秋から冬にかけて感染者数がどのように変化するのか予断を許しませんが、国や自治体も様々な制限を解除し始めています。
そこで、当院としても、感染防止に十分配慮しながらも、分娩立ち合い・入院中の面会時間に関して、一部制限を解除することに致しました。

 

分娩立ち合い時間:ご主人・お子様共に分娩前後“約1時間”へ延長

これまで、ご主人のみの場合は約30分、お子様がご一緒の場合は約15分を目安に分娩前後の立ち合いの時間を設けていました。
今後は、ご主人のみの場合も、お子様がご一緒でも、約1時間に延長することに致します。少しでも長く分娩時にお母様を支えて頂いたり、お産直後にご家族でゆっくりお過ごし頂ければと考えております。
ただし、ご家族の体調、分娩の状況やお母様のご希望により、立ち合い時間短縮、または立ち合い不可となる可能性がある旨、ご了承下さい。

 

面会時間を“毎日午後2時~6時の間で最長1時間”に延長

これまでの面会時間は、月曜日以外の曜日で、お主人のみの場合は30分、お子様がご一緒の場合は15分までとしていました。
これからは、月曜日も含めてすべての曜日で、ご主人だけでなくお子様がご一緒でも、午後2時~6時の間で最長1時間ご面会頂けるように致しました。
ただし、状況により面会時間の短縮、ご面会自体が不可となる可能性がある旨、ご了承下さい。

 

現時点では、分娩立ち合い、入院中のご面会ともに、原則としてご主人とお子様に限らせて頂いております。
また、妊婦健診のご主人の付き添いは引き続きご遠慮頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。
今後のコロナ感染状況に合わせて当院の対応も変化して参りますが、その都度皆様にお伝えして参ります。

ページトップへ