子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS:ミレーナ)のお勧めポイント|世田谷区の産科・婦人科

面会はこちらから

HOME > 院長コラム > 子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS:ミレーナ)のお勧めポイント

院長コラム

子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS:ミレーナ)のお勧めポイント

ミレーナはT字型の柔らかいプラスチックで、子宮内に挿入する3cm程度の器具です。T字の縦部分からレボノルゲストレルという黄体ホルモンがゆっくり持続的に放出され、子宮内膜の増殖を抑制します。きちんと子宮内に留置されていれば、5年間効果が継続します。
今回、バイエル薬品株式会社のパンフレットや当院での経験を参考に、ミレーナのお勧めポイントと副作用について説明します。

 

 

《お勧めポイント》

(1) 高い避妊効果

ミレーナは子宮内膜を薄くし、受精卵の着床を阻害することで避妊効果を発揮します。また、子宮頸管粘液の状態を変化させて、精子が子宮内へ進入することを防ぎ、卵子との受精を妨げます。
低用量ピル(OC)に劣らない避妊効果(約99.8%)があり、OCが禁忌となっている血栓症リスクのある方でも、ミレーナなら使用可能です。

 

 

(2) 過多月経の改善

ミレーナは子宮内膜を菲薄化させるため、経血量を抑えることができます。過多月経の原因が内膜を圧迫している子宮筋腫である場合、ミレーナの挿入が困難なケースや、自然に脱出してしまうケースがありますが、偽閉経療法で子宮筋腫を小さくしてから、ミレーナを挿入することもあります。

 

 

(3) 月経困難症の治療

子宮内膜の組織から子宮を収縮させる痛み物質が産生されるため、子宮内膜が厚いと痛みが増強し、薄いと痛みが軽減します。ミレーナは子宮内膜の組織の増殖を抑えることで痛み物質の産生を減少させ、結果的に月経痛を軽減させます。

また、月経困難症の原因となる子宮内膜症の場合、子宮の裏側の腹膜や靱帯に発生した子宮内膜の組織(異所性内膜)が増殖して剥がれ、組織同士が癒着することで痛みをきたす事があります。ミレーナ自体は子宮内に留置されますが、放出された低濃度の黄体ホルモンが子宮内腔から腹腔内に移行し、異所性内膜に対して作用することも考えられています。

 

 

《副作用》

(1) 不正出血

ミレーナは非常に優れた治療法ですが、いくつか副作用も知られており、最も多いものは不正出血です。文献的にはミレーナ装着後3~6か月までは不正出血が一時的に増えますが、経過とともに減少します。当院でミレーナを挿入された方の多くは、3ヵ月程度で減少しています。中には6か月以上経過して不正出血がみられる方もいらっしゃいますが、日常生活に支障きたす程の出血を認める方はいらっしゃいません。尚、不正出血が長引く場合は、念のため子宮内膜細胞診で異常がないことを確認します

 

 

(2) 腹痛

文献的に腹痛の発現率は約6%ですが、当院では挿入直後に腹痛を認めた方や、挿入数ヵ月間下腹部違和感を認めた方が若干名いらっしゃいました。ただし、皆さんミレーナを抜去することで症状が消失しております。

 

 

(3) 自然脱出

子宮筋腫や子宮腺筋症、分娩後の方などに使用するとミレーナが自然に脱出することがあります。文献的には約6%の発現率であり、当院でも、ミレーナが子宮内腔から子宮頚管内へ自然に脱出しかかっている方が、同様な頻度でいらっしゃいます。ただし、自然脱出をご自身で気付かれることはほとんどなく、多くの場合はミレーナの定期検診で確認されます。自然脱出された方に対しては、再度挿入することもありますが、ほとんどのケースで他の治療法を検討します。

 

 

ミレーナは重篤な全身的な副作用が少なく、一度挿入したら定期検診(装着1ヵ月後・3ヵ月後・半年後・1年後・以降1年ごと)以外、5年間やることはありません。
特に40歳以上で経腟分娩の経験がある方の避妊、過多月経、月経困難症に対しては、ミレーナをお勧めします。

ページトップへ