院長コラム|世田谷区の産科・婦人科「冬城産婦人科医院」

面会はこちらから

HOME > 院長コラム

院長コラム

もし下腹部にコブは触れたら、それは巨大骨盤内腫瘍かもしれません

下腹部痛や月経痛などの辛い自覚症状があれば、婦人科を受診される方も多いでしょう。しかし、「下腹部にしこりが触れる」、「最近下っ腹が出てきて、スカートやズボンがき...

10代の月経痛が50年後のがん・心筋梗塞・脳梗塞に繋がっているかも

昨日、東京都の産婦人科医学会に参加し、京都府立医大の先生から子宮内膜症についてのご講演を伺いました。今回は、その講演での学びを中心に、子宮内膜症の早期発見の重要...

当院の出生前診断について

昨日、世田谷区・玉川産婦人科医会合同学術講演会が開催され、国立医療研究センター胎児診療科の和田誠二先生から胎児診療についてのお話がありました。この講演会を通して...

海外製の経口妊娠中絶薬は危険なドラッグ!?

厚生労働省から「インターネットを介して個人輸入した海外製経口妊娠中絶薬による健康被害」について、注意喚起の通達がありました。今回は、海外製の経口妊娠中絶薬につい...

妊娠したくなければ、経口避妊薬(OC)を飲むか、セックスをしないか、二つに一つ

10代の方や未婚の方で、まだ妊娠したくない方は、しっかり避妊しなければならないことを、まずはご理解下さい。そして、現実的な避妊方法はOCのみであるという事実を知...

ページトップへ