HOME > 院長コラム > 補中益気湯の多彩な効果

院長コラム

補中益気湯の多彩な効果

当院では、夏ばてや疲労感などに用いることが多い補中益気湯ですが、薬理学的な作用は多岐にわたるようです。
今回は、日赤医療センター「臨床に役立つ漢方勉強会」で学んだ補中益気湯の多彩な効果について、情報共有したいと思います。

 

  • 免疫機能低下改善作用

慢性疾患の患者さんや、感染症が長引いて体力が患者さんに補中益気湯を投与したところ、血中ナチュラルキラー(NK)細胞(免疫細胞の一種)の働きが活発になったと報告されています。
また、マウスに補中益気湯を経口投与したところ、NK細胞の活性増強だけでなく、マクロファージという免疫細胞の貪食活性も亢進したとの報告があるようです。

 

  • 慢性疲労に対する効果

マウスを用いた研究では、慢性疲労症候群において低下した運動量が、補中益気湯によって改善したと報告されています。

 

  • 抗がん剤による免疫低下に対する作用

卵巣がんに対して化学療法を行っている患者さんに補中益気湯を投与したところ、抗がん剤の副作用である骨髄抑制が軽減したとの報告があります。

 

かぜに対する作用

疲れやすく、かぜをひきやすい女性に補中益気湯を処方したところ、1か月で手足の冷えが改善し、3か月後には体調良好となり、1年後にはかぜをひかなくなった、との症例が報告されました。
また、インフルエンザ罹患後、様々な薬剤を使用しても衰弱していく患者さんに補中益気湯を処方したところ、2週間で体が温まり、食欲も出て、体調が改善したとの報告もあります。

 

  • 鎮痛効果

帯状疱疹後の神経痛に対し、12週間補中益気湯を投与したところ、90%近くの方で痛みの評価で優位な低下がみられたそうです・

 

他にも、子宮下垂症、膀胱下垂症、女性の腹圧性尿失禁に有効であるとの報告が多数あるそうです。
また、マウスの研究では、補中益気湯により腫瘍の増殖が抑制されたとの報告もあります。
疲労感が強い場合、特に病後の体力低下がみられる場合には、補中益気湯の服用を検討してもいいかもしれません。

ページトップへ