HOME > 院長コラム > 妊娠週数の数え方~妊娠中期編~

院長コラム

妊娠週数の数え方~妊娠中期編~

今回は前回に引き続き、2022年1月1日(土曜日)に最終月経が始まった、月経周期28日型の方を例に、妊娠中期の妊娠週数の数え方をお伝え致します。

 

4月9日“妊娠14週0日”「妊娠中期」開始

妊娠14週0日から妊娠23週6日までを妊娠中期といいます。

 

4月23日“妊娠16週0日”「妊娠5か月」開始

妊娠16週頃に胎盤は完成され、マタニティースイミングやマタニティービクスを許可する施設も増えてきます。
当院でもマタニティヨガを行っていますが、妊娠16週以降の妊婦さんを対象としています。
尚、当院ではこの時期にクラミジア感染症検査を行っています。

 

5月21日“妊娠20週0日”「妊娠6か月」開始

当院では妊娠20週頃、赤ちゃんの異常がないかどうか、超音波によるスクリーニング検査を行っています。もし、明らかな異常がみられた場合は、国立成育医療研修センター胎児診療科、あるいは東京マザーズクリニックへ精査目的で紹介させて頂きます。

 

6月4日“妊娠22週0日”

わが国では、妊娠22週以降は妊娠中絶手術をすることができません。
もし、人工妊娠中絶手術をご希望される場合は、6月3日妊娠21週6日までに手術を終える必要がありますのでご注意下さい。

 

6月18日“妊娠24週0日”「妊娠7か月」開始

当院では妊娠24週頃に妊娠後期血液検査として、ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-1)抗体検査、糖尿病検査(GCT:グルコースチャレンジテスト)を行っています。

 

7月15日“妊娠27週6日”「妊娠7か月」最終日

この日までが妊娠中期であり、翌7月16日から妊娠28週、妊娠8か月、妊娠後期が始まります。
消炎鎮痛剤の中には、妊娠後期の使用で赤ちゃんの心臓に影響を及ぼす可能性があるため、妊娠28週以降の使用が禁忌となっているものがあります。例えば、ロキソニン錠、ロキソニンテープは、妊娠27週6日まで使用できますが、原則として妊娠28週0日からは使用できません。

 

次回のコラムでは、「妊娠後期」の妊娠週数の数え方をお伝えします。

ページトップへ