分娩誘発のための頚管熟化・拡張法|世田谷区の産科・婦人科「冬城産婦人科医院」

面会はこちらから

HOME > 院長コラム > 分娩誘発のための頚管熟化・拡張法

院長コラム

分娩誘発のための頚管熟化・拡張法

当院では医学的適応に基づいて分娩誘発を行っています。分娩誘発には、頚管を熟化させる段階と子宮収縮を強める段階があります。頚管が熟化していない状況で子宮収縮剤を用いると、分娩誘発が成功しなかったり、分娩が遷延することで母児に悪影響を及ぼす可能性があります。
そのため、子宮頚管が熟化していない場合は、まず管熟化・拡張法を行う必要があります。
今回は、当院での頚管熟化・拡張法について説明します。

 

 

ミニメトロ挿入

子宮口の開大が3cm以下で硬い場合、ミニメトロという水風船を頚管から挿入し、約40mlの精製水を注入し風船を膨らませて、内子宮口の奥に留置します。水風船で物理的に頚管を押し広げるためではなく、水風船の持続的な刺激により、子宮頚管から頚管熟化作用あるいは子宮収縮作用をもつ物質を分泌させることを目的としています。

挿入直前・直後に、経腟超音波検査で臍帯下垂などがないか確認します。その後は分娩監視装置を連続装着し、胎児心拍および子宮収縮の状態を観察します。また、感染予防のため、抗生剤の内服も開始します。

前期破水の場合も頚管熟化が不良であれば、臍帯脱出や子宮内感染に注意しながら、ミニメトロを使用します。また、破水に限らず子宮内の羊水が少ない場合には、ミニメトロに注入する精製水の量を減らして使用することがあります。

ただし、羊水過多症の場合はミニメトロ留置後の臍帯下垂・脱出のリスクが高まるため、原則として当院では使用しません。また、ミニメトロの風船の容量が41ml以上の場合も臍帯が下垂・脱出しやすいと言われているため、当院では精製水の注入を40mlまでとしています。

 

 

プロスタグランジンE2(PGE2)錠の内服

ミニメトロを留置して1時間後、分娩監視装置で異常がなければ、PGE2を1時間に1錠ずつ、1日最大6錠まで内服して頂きます。
また、PGE2は頚管熟化作用だけでなく子宮収縮作用もあるため、頚管が3cmを超えてやや熟化している場合には、ミニメトロ挿入を省略してPGE2から使用する事があります。

尚、PGE2は血圧を上昇させる副作用があるため、妊娠高血圧症候群の方には使用していません。血圧が高めの方の場合、ミニメトロ留置から1時間以上経過し、分娩監視装置による観察上問題がなければ、子宮収縮剤の点滴を開始することもあります。

 

 

子宮収縮剤の点滴への切り替え

ミニメトロが腟内に脱出するときには、すでに4cm以上に開大し、頚管の厚さも薄くなっていることが多いため、PGE2を最後に服用してから1時間以上経過し、分娩監視装置による観察で問題がなければ、子宮収縮剤の点滴を開始します。

あるいは、ミニメトロが脱出していなくても頚管の熟化傾向が見られた場合は、最後のPGE2服用から1時間以上経過した後、子宮収縮剤の点滴へ切り替える事があります。

もし、ミニメトロを挿入して10時間以上経過しても自然に脱出せず、陣発もしない時は一旦抜去します。そして翌日、「ミニメトロを再挿入するか」、「PGE2内服から誘発を開始するか」、「子宮収縮剤の点滴に切り替えるか」など、頚管熟化や子宮収縮の状況を踏まえて方針を決定します。

 

 

当院では頚管熟化・拡張法を行うにあたって、その適応(必要性)・方法・リスクについて文書で説明し、同意書を頂戴しております。
陣痛誘発中でも、状況の変化に伴い説明させて頂いておりますが、不明な点はお気軽にお尋ね下さい。

ページトップへ