HOME > 院長コラム > 乳房を意識する生活を ~ブレスト・アウェアネスのすすめ~

院長コラム

乳房を意識する生活を ~ブレスト・アウェアネスのすすめ~

乳がんの早期発見のために、ブレスト・アウェアネス、つまり乳房を意識する生活習慣が世界的に推奨されています。
今回は、世田谷区乳がん検診の結果票に記載されている「ブレスト・アウェアネスの4つのポイント」を共有したいと思います。

 

1.ご自身の乳房の状態を知る

お着替えや入浴・シャワーに入る時、寝る前に仰向けに寝た時など、ご自身で乳房を見て、触って、感じることで、乳房の状態を自覚する習慣をつけましょう。

 

2.乳房の変化に気を付ける(特に以下のポイント)

  • 乳房にしこりを感じる
  • 乳頭付近の下着が分泌物で汚れる(特に赤色、褐色の場合は要注意!)
  • 乳頭や乳輪の皮膚がただれている
  • 乳房の皮膚に“へこみ”“くぼみ”がある
  • 乳房が痛い

 

3.変化に気付いたらすぐ医師に相談する

乳房の変化があるからといって、必ずしも乳がんであるとは限りませんが、乳がんの早期症状として表れている可能性があります。
乳房の変化に気付きましたら、できるだけ早めにクリニック(可能ならブレストクリニックなどの乳腺専門施設)を受診しましょう。

 

4.40歳になったら2年に1回乳がん検診を受ける

世田谷区では40歳以上の女性区民は、2年に1回乳がん検診(マンモグラフィ)を受けることができます(通常は自己負担1,000円)。
ご本人が乳房の変化を感じることができなくても、初期の乳がんが隠れている場合があります。
早期発見・早期治療に繋げることができますので、定期的に乳がん検診を受けることが大切です。
尚、検査結果が「要精密検査」となった方は、ブレストクリニック、あるいは病院の乳腺科で精密検査をして頂きましょう。

 

ブレスト・アウェアネスは、「しこりを探すための自己触診法」とは異なります。
あくまでも「乳房を意識する習慣」であり、「歯を磨く」「髪や体を洗う」「お化粧をする」などと同じように、生活の一部として習慣化して頂く事が大切です。
同時に、かかりつけの“乳腺科医”を持つこともお勧めします。

ページトップへ