思春期から性成熟期女性の不正出血|世田谷区の産科・婦人科「冬城産婦人科医院」

面会はこちらから

HOME > 院長コラム > 思春期から性成熟期女性の不正出血

院長コラム

思春期から性成熟期女性の不正出血

月経以外に認める不正出血の多くは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が影響しています。
今回は、「女性医学ガイドライン 思春期・性成熟期編 2016年度版」(日本女性医学学会編)を参考に、思春期から性成熟期女性の不正出血について説明します。

 

 

エストロゲンとプロゲステロンの子宮内膜に与える影響

卵巣にある卵胞(卵子が入っている袋)から分泌されるエストロゲンは、子宮内膜を厚くさせる作用があります。月経終了から排卵までの「卵胞期」といわれる時期にエストロゲンの分泌は増加し、排卵時には一旦減少します。

排卵した卵胞は黄体という組織に変化し、プロゲステロンとエストロゲンを分泌します。排卵後から次回月経までの「黄体期」といわれる時期は、プロゲステロンの働きにより子宮内膜の増殖がおさまり、妊娠に適した内膜に変化し安定します。

妊娠が成立しなければ、黄体が退縮してプロゲステロン、エストロゲンの分泌が減少し、子宮内膜が剥がれて次の月経が始まります。

 

 

無排卵性の出血

エストロゲンが分泌していても、排卵をしていない場合があります。排卵をしていないので黄体が形成されることはなく、プロゲステロンの分泌は見られません。すると、エストロゲンの影響で子宮内膜は増殖しますが、プロゲステロンによる内膜増殖の抑制作用がないため、内膜は安定しないまま増殖し続け、ついに崩れ落ちて(破綻して)出血することになります。これを破綻出血といいます。

思春期女性はホルモン環境が未熟であるため無排卵になることが多く、不正出血のほとんどはこのタイプと思われます。また、性成熟女性の約20%の方も無排卵性出血といわれています。

 

 

排卵性の出血

排卵を認める方の場合、不正出血は卵胞期・排卵期・黄体期のいずれにもみられることがあります。

通常は、月経前に黄体が退縮しプロゲステロン・エストロゲンが減少しますが、退縮が不十分であるとプロゲストンが少量分泌し続けてしまい、内膜の剥離が中途半端となります。その結果、月経がだらだら持続し、8日間以上の過長月経がみられることがあります。子宮筋腫や内膜ポリープなどの器質的疾患がない過長月経の場合、これが原因の可能性があります。

排卵前は、エストロゲンの内膜への刺激による破綻出血を起こす可能性があります。また、排卵時はエストロゲンが一旦減少しますが、それに伴い内膜が剥がれて出血を起こすことがあり、これを消退出血といいます。どちらのケースも、通常出血は少量で短期間であるため心配いりません。

黄体期は、通常プロゲステロンの効果で子宮内膜が安定しているためあまり出血しません。しかし、黄体機能が低下していると、プロゲステロン分泌量が低いケースや、早めに黄体消退を起こしてしまうケースがあります。その結果、子宮内膜が安定せずに出血をきたすことがあります。

 

 

思春期から性成熟期の女性の場合、少量で短期間の不正出血であれば、あまり心配はないと思われます。
ただし、妊娠を希望されている女性が無排卵であれば、排卵を促すことが必要になります。
不正出血が日常生活に支障をきたすのであれば、治療の対象になります。
気になる不正出血がみられた方は、是非婦人科を受診しましょう。

ページトップへ