HOME > 院長コラム > 子宮内黄体ホルモン放出システム(LNG-IUS)をお勧めしたい方

院長コラム

子宮内黄体ホルモン放出システム(LNG-IUS)をお勧めしたい方

月経困難症・過多月経に対して様々な薬物療法がありますが、LNG-IUSもその一つであり、他の薬剤とは異なる使用方法が非常に特徴的です。
今回は、LNG-IUSの簡単な説明と、お勧めしたい方について説明します。

 

LNG-IUSの作用

LNG-IUSはT字型をしており、縦横が3.2cmの柔らかなプラスチック製でできています。T字の縦の部分から黄体ホルモン(LNG:レボノルゲストレル)がゆっくり持続的に放出されるようになっており、5年間有効です。
黄体ホルモンは子宮内膜組織の増殖を抑制する作用があるため、LNG-IUSを子宮内に留置することで子宮内膜が薄くなり、月経血量は減少します。
また、子宮内膜から子宮筋を収縮させる“痛み物質”が産生されますが、内膜が薄くなることで“痛み物質”が減少し、月経痛も軽快します。
尚、子宮内膜が薄くなると受精卵が着床しづらくなるため、高い避妊効果も期待できます。

 

LNG-IUSを特にお勧めしたい方

LNG-IUSは、すぐには妊娠を希望されず、過多月経・月経困難症に悩まされている方皆さんにお勧めしたい治療法です。特に下記の方は、いい適応ではないかと考えます

  • 40歳以上の過多月経・月経困難症

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)も月経困難症の保険適応があり、過多月経や避妊に対しても効果があります。
ただし、40歳以上の方に新規でLEP製剤を用いると血栓症のリスクが上昇するため、その服用には注意が必要です。
一方、LNG-IUSは血栓症のリスクがないため、40歳以上の方でも比較的完全に使用できます。特に45歳以上の方では、1回挿入すれば5年以内に自然閉経になる可能性が高いため、過多月経・月経困難症治療の第1選択と考えてもいいでしょう。

  • 子宮筋腫に対する偽閉経療法後

子宮内腔を変形させるような子宮筋腫がある場合、LNG-IUSを挿入することはできません。そのため、過多月経の原因となっている子宮筋腫を縮小させる目的で偽閉経療法を行うケースが多いのですが、骨量低下などの副作用を考慮し、原則として6か月までしか行うことができません。
偽閉経療法後、自然閉経まで期間が長い場合、筋腫がある程度縮小し子宮内腔の変形がみられなければ、子宮内膜が肥厚する前にLNG-IUSを挿入することも一つの方法です。

・乳がん既往

乳がん既往の方の場合、LEPは禁忌であるため、過多月経・月経困難症に対する治療はLNG-IUSが勧められます。
また、乳がん術後に用いられることがあるタモキシフェンは、子宮内膜を肥厚させる副作用があります。細胞診あるいは組織診で子宮内膜に異常がなければ、子宮内膜増殖を防ぐ目的でLNG-IUSを挿入することを検討してもいいかも知れません。

 

副作用として、LNG-IUS挿入後数か月は不正出血をきたすことが多く、まれに本体が自然に脱出してしまうこともあります。
それでも、過多月経・月経困難症に対する治療効果、避妊効果は非常に高い治療法です。
是非、生活の質を向上させるために、LNG-IUSをご検討下さい。

ページトップへ