HOME > 院長コラム > 妊婦さんの新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチン接種について

院長コラム

妊婦さんの新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチン接種について

新型コロナウイルス感染拡大が過去最悪となっている中、令和3年8月14日付で日本産科婦人科学会など産婦人科関連3学会から妊産婦さんに向けて、「新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第2報)」が告知されました。
今回は、そのポイントを中心にお伝えします。

 

(1) 妊婦さんには“妊娠時期を問わず”ワクチンの接種をお勧めします

妊婦さんが新型コロナウイルスに感染してしまうと、特に後期の場合、重症化することが知られています。
また、妊娠中にワクチンを接種しても、接種しなかった方と比べて、流早産や胎児異常の頻度は変わらないといわれています。
以上の事から、日本だけでなくアメリカなど多くの国々で、妊婦さんのワクチン接種は強く勧められています。
尚、ワクチン接種により発熱、頭痛といった副反応がみられた場合、妊娠中であっても「アセトアミノフェン(カロナール)」は安全に服用することができます。

 

(2) 妊婦さんの感染の約8割は“夫やパートナー”が原因です

新型コロナウイルスに感染した妊婦さんの約80%が、夫やパートナーからうつされたとのことです。したがって、妊婦さんのご主人やパートナーの方には、積極的にワクチンを接種して頂くようお伝え下さい。

 

(3) 2回のワクチン接種後も感染予防策は必要です

2回ワクチン接種をしたからといって、必ずしも感染しないとは限りません。
また、現在感染の主流となっている“デルタ株”は、従来の変異株と比べて感染力が強いといわれています。
そのため、ワクチン接種を2回行った後も、マスク着用、手洗いの励行、人混みの回避など、一般的な感染予防策は続けるようにしましょう。

 

ワクチンを接種することで、たとえ感染しても重症化を防ぐことができます。
ただし、体質的な理由や宗教的・思想的な理由からワクチン接種を望まない方に対しては、そのお考えを尊重して接種をお勧めすることは致しません。
もし、妊娠中のワクチン接種に対する漠然とした不安のみで躊躇されているのであれば、感染した場合のリスクの大きさを考えて、できるだけ早くワクチン接種されることを強くお勧めします。

ページトップへ